【名古屋 動画制作】企業PR動画の作り方・商品の魅力を伝えるブランディング術

名古屋の動画制作会社が解説する“企業PR動画”の目的と課題、制作プロセス、求められる要素

企業の認知度向上やブランディング戦略において、動画コンテンツの活用が不可欠です。動画は以下のような理由から、企業PRに極めて有効なツールと言えます。

視覚的で分かりやすい

テキストだけでは伝えきれない内容を、映像で視覚的に表現できます。複雑なサービスの説明などにも適しています。

感情に訴求できる

ストーリー仕立てにすれば視聴者の感情を動かすことができ、商品やサービスへの購買意欲を高められます。

つまり、動画制作で、企業や商品・サービスの魅力を分かりやすく伝えられるのです。認知度向上とブランディング効果が期待できるため、企業PRにとって重要な役割を果たします。名古屋の株式会社パナ・エンタープライズが、企業PR動画の目的と課題、制作プロセス、企業PR動画に求められる要素について解説します。

動画制作依頼の前に読む「企業PR動画の目的と課題」

企業PR動画の目的と課題

企業の魅力を効果的に伝えること

企業PR動画の最大の目的は、企業の魅力を効果的にターゲットに伝えることです。 動画は、以下のような特長があり、企業の魅力を魅力的に訴求できます。

  • 映像と音声で「五感」に訴求できる
  • ストーリー性を持たせやすい
  • インパクトがあり印象に残りやすい

具体的には、企業理念・ビジョン・企業文化・従業員の働く姿などを動画で表現することで、単なる文字情報以上に企業の雰囲気や人間味を感じ取ってもらえます。また、自社の強みや特徴をインパクトのある映像で訴求することで、視聴者の心に残りやすくなります。

このようにして企業の魅力を効果的に伝えることで、優秀な人材の確保や顧客獲得、認知度向上などにつながります。

商品・サービスの特長を分かりやすく説明すること

企業PR動画では、商品やサービスの特長を分かりやすく伝えることが重要です。視聴者に商品の魅力が正しく伝わらないと、購買意欲をかき立てることはできません。そこで有効なのが、次の3つの手法を組み合わせることです。

  • 商品の外観や使用シーンを鮮明に映し出す→視覚的にイメージしやすくなります
  • 専門用語は避け、わかりやすい言葉で特長を説明する→初心者でも理解しやすくなります
  • 機能やメリットについて、具体例を交えて分かりやすく説明する→商品の価値が実感しやすくなります

このように、動画の映像と音声、さらに具体例を組み合わせることで、商品の特長を視聴者に効果的に伝えられるのです。

ブランドイメージの構築とファン獲得

企業PR動画は単に商品やサービスを紹介するだけでなく、企業のブランドイメージを確立し、視聴者にファンになってもらうことが重要です。動画を通して、以下のようなブランディング戦略を実施できます。

  • 企業の理念や価値観を分かりやすく伝える
  • 企業の人柄や雰囲気をイメージさせる
  • 商品・サービスの魅力を情緒的に訴求する

このようにして視聴者の共感を得ると、単なる顧客ではなく企業のファンが増えていきます。ファンになれば、商品やサービスの利用はもちろん、口コミによる拡散効果も期待できます。つまり、企業PR動画はマーケティングの強力なツールとなり、ブランド価値を高める重要な役割を担っているのです。

企業PR動画の制作プロセス

企業PR動画の制作プロセス

ターゲット層の設定

企業PR動画では、どの層をターゲットとするかが成否を分けます。ターゲットを適切に設定するには、以下の3点を検討する必要があります。

  • 年齢層
  • 性別
  • 関心事(趣味、ライフスタイル、ビジネスなど)

ターゲット層の例1:20~30代男性、新しいガジェットに興味がある

こういったターゲットに向けては、最新のテクノロジーを活用した製品の魅力を前面に押し出すことが重要です。動画の中で、製品の先進的な機能を実際の使用シーンとともに丁寧に紹介することで、ターゲットの関心を引き付けることができます。例えば、スマートフォンのカメラ機能を活用して、瞬時に撮影した写真をSNSにアップロードできる様子を描写するなど、ターゲットの生活スタイルに寄り添ったストーリー展開が効果的です。

ターゲット層の例2:30~40代女性、家事・育児に関心が高い

こういったターゲットに向けては、家庭生活に密着した商品の魅力を前面に出すことが重要です。例えば、忙しい主婦の時間を節約し家事の負担を軽減する家電製品の機能を、実際の家事シーンと共に丁寧に紹介することで、ターゲットの共感を得られるでしょう。あるいは、子育て中のママにとって便利な育児グッズの使い勝手の良さを、子どもとの触れ合いを通して表現するなど、ターゲットの生活に密着したストーリー展開が効果的です。

このように、年齢、性別、関心事から具体的にイメージを絞り込むことが重要です。ターゲット層によって、動画のトーンや伝え方を変える必要があります。

ストーリー性のあるコンセプト作り

企業PR動画にはストーリー性が不可欠です。ストーリーがあれば、視聴者の興味を惹きつけやすくなります。具体的には、次のような要素を取り入れましょう。

  • 登場人物の設定
  • ドラマ性のある展開
  • ターゲットに響くメッセージ

例えば、商品の利用シーンを描き、登場人物の悩みから解決への道筋を見せる方法があります。

利用シーン例

  • 朝の忙しい家事シーン
  • 商品の便利な機能を紹介
  • 家事が楽になり笑顔の帰宅シーン

このようにストーリーを描くことで、視聴者は商品の魅力を感じ取りやすくなるのです。

撮影・編集作業

企業PR動画を制作する際の撮影・編集作業では、事前に詳細な打ち合わせを重ね、企画書やシナリオに基づいて進めることが重要です。撮影では、商品やサービス、従業員などを被写体として、実際の業務風景やインタビュー映像を収録します。照明やカメラアングルにも細かく気をつけましょう。編集作業は専門のソフトウェアを使って行われます。以下の3つのポイントに気をつける必要があります。

  • テロップの挿入
  • ナレーションの録音
  • BGMの選曲

このように、企業PR動画の撮影・編集では、綿密な計画とクオリティの高い技術が求められます。

企業PR動画に求められる要素

視聴者の関心を惹きつける冒頭

企業PR動画の冒頭は、視聴者の関心を惹きつけるためにとても重要です。つまり、「つまらない」「退屈」と感じられては視聴を継続してもらえません。

  • 問いかけ「あなたの会社は動画マーケティングを活用していますか?」
  • 驚きの事実「実は企業の8割が動画マーケティングに注力しています」
  • 具体的な課題提示「新製品をいかに効果的にPRできるか、多くの企業が頭を悩ませています」

といった手法が効果的です。冒頭で視聴者の気持ちを掴み、動画に引き込むことが何より大切なのです。

商品の特徴が伝わる中盤

動画の中盤部分では、商品やサービスの特長をわかりやすく説明することが重要です。簡潔に特長をまとめたうえで、具体的な使用シーンを映像で見せることで、視聴者に商品の良さを実感してもらえます。

例えば商品の機能を一つずつ丁寧に解説し、その機能がどのように役立つのかをCGなどで視覚化する方法があります。また、実際に商品を使用している人の様子を撮影し、ナレーションで補足説明を加えるのも有効でしょう。例えば、機能解説+CG視覚化で商品の特長を伝える手法の場合、実際の使用シーン・製造工程の紹介・専門家のインタビューなどを取り入れるのも有効です。このように、動画ならではの映像表現と適切な説明を組み合わせることで、商品の価値を理解しやすく伝えられます。

行動喚起につながるエンディング

企業PR動画のエンディングでは、視聴者に対して明確な行動を促すことが重要です。例えば以下のような呼びかけがあります。

  • 「商品購入ページはこちら」と購入リンクを提示
  • 「お問い合わせはこちらから」と問い合わせフォームを用意
  • 「SNSでシェアして応援してください」とSNSシェアを求める

このように、動画の最後に明確な指示を加えることで、視聴者に次の一手を促すことができます。エンディングの演出次第で、ただ動画を見るだけでなく、実際の行動に移ってもらえる可能性が高まるのです。

企業PR動画の制作は株式会社パナ・エンタープライズにお任せください!

株式会社パナ・エンタープライズは、あらゆるジャンルのPR動画の制作を承ります。

  • 企業PR動画
  • 商品紹介動画
  • リクルート動画
  • イベント案内動画
  • 教育研修動画

など、企画から撮影・編集・MAまで、全てを多彩なノウハウでワンストップ制作いたします。お問い合わせをいただきましたら、お打ち合わせとお見積りを経て企画のご提案をいたします。まずはお問い合わせください。

【名古屋】企業PR動画制作は株式会社パナ・エンタープライズ

会社名 株式会社パナ・エンタープライズ
住所 本社・3WAYスタジオ
〒461-0005 名古屋市東区東桜2丁目10番10号 東桜ビル5F
TEL 052-979-5541
FAX 052-935-0811
URL https://www.pana.co.jp/