若手インタビュー

> 若手インタビュー

パナ・エンタープライズってどんな会社?
パナ・エンタープライズってどんな会社?
益城圭吾

2021年入社 制作担当

益城圭吾

入社した時は右も左もわからず戸惑いの日々。でも、先輩からのアドバイス、そして時には厳しいことも言われましたが、どれもこれも愛情のある言葉でした。仕事をしていく中でいろいろなことを知り「え!」となるような気づきに出会え毎日新鮮な気持ちで働くことができています。映像は作る人によって、いろいろな個性があり十人十色だと感じています。
私も『自分らしさ』が少しでも表現できるような映像を制作したいです!

稲葉泉妃

2020年入社 MA&オーディオ担当

稲葉泉妃

『絶対にこの仕事に就きたい!』と思い、飛び込んだ世界。この一年で数えきれないほど「ツラい」ことがありました。しかし、それよりも『おもしろい!』と思えることが多かったと感じています。自分が「こうしたい」と思うことがなかなかできず、試行錯誤して何とか作品が出来上がった時は、本当に嬉しい。そこが「おもしろさ」であり「ツラさ」であり。這いつくばってでもたどり着かなきゃいけない完成までの道のりに私は「やみつき」です!

嶋田悟

2018年入社 編集担当

嶋田悟

自分の“妄想”が“映像という形に残る”仕事です。自分の作品を見た友人から良い反応をもらうとめちゃくちゃ嬉しいんです。その反面、多くの人に影響を与えてしまう“責任が伴う仕事”でもあるとつくづく実感します。だからこそ大事なのは細心の注意を払って業務にあたること。初めてエンドロールに自分の名前が載った時はモチベーション爆上がり。いつかはPANAを“全国に負けない会社”にしたいです!

山中達矢

2017年入社 制作担当

山中達矢

僕自身、“知識”も未熟で“経験値”もまだまだ。。。“トーク力”もありません(笑)。しかしこの仕事は、普通ならば出会わないであろう様々な「人」・「場所」・「モノ」に出会うことができるんです。そういった貴重な経験を通して、一人の「人間」として、どんどん成長できたらなと思っています。要は…「山中さん、物知りでおもしろくてスゲーっ!」って言われたいんです(笑)。