【名古屋】映像制作の教科書・WEB CMからYouTubeまで解説

【名古屋 映像制作の基礎知識】テレビCMとWEB CMの違い・WEB CMの特徴と効果

名古屋の株式会社パナ・エンタープライズが、「テレビCMとWEB CMの違いは?」「WEB CMの特徴と効果は?」という疑問に、わかりやすく解説します。

まずは映像制作の種類をお伝えしてから、WEB CMの種類と活用方法やYouTube動画の活用方法と解説を進めていきますので、WEB CMの制作依頼前にぜひご一読ください。

映像制作の種類

映像制作の種類

映像制作とは、主に動画コンテンツの制作を指します。制作物の種類は多岐にわたり、以下のようなものがあります。

CM(コマーシャル)

商品やサービスの宣伝を目的とした短尺の動画広告であるCMは、企業にとって最も重要な映像制作物の1つです。CMは短い時間の中で製品の魅力を効果的に伝え、視聴者の関心と興味を引き付けることが求められます。

CMは従来、テレビ放送を中心に展開されてきましたが、近年ではインターネット上でのWEB CMの配信が増えてきています。テレビCMとWEB CMでは、放映時間や視聴者層、演出手法などに大きな違いがあり、企業はそれぞれの特徴を理解して最適な制作・活用方法を検討する必要があります。

プロモーション動画

企業の製品やサービス、ブランドイメージをPRする動画は、企業にとって重要なマーケティングツールとなっています。製品やサービスの機能や特徴を紹介するだけでなく、企業の理念や取り組みを分かりやすく伝えることで、視聴者の心に訴えかけることができます。企業のブランド価値の向上や、製品への理解・関心を高めることが期待できるため、多くの企業がこういったPR動画の制作に力を入れています。企業の魅力を効果的に発信し、ターゲットとなる顧客層に強い印象を与えることが、プロモーション動画の狙いです。

VP(ビジョンムービー)

企業の理念や取り組みをわかりやすく伝える動画は、企業のブランド価値を高めるうえで重要な役割を果たします。企業の歴史や社会的責任、持続可能な取り組みなどを生き生きとした映像で表現することで、視聴者の共感を呼び起こすことができます。企業のアイデンティティやビジョンを明確に伝え、企業に対する信頼感を醸成することが期待できるのです。特に、企業の理念や価値観を熱心に語る経営陣のインタビューシーンなどは説得力があり、視聴者の心に強く訴えかけることができるでしょう。

インストラクション動画

製品の使い方や作業手順を説明する動画は、製品の理解を深めるだけでなく、ユーザーの満足度向上にもつながります。製品の設定方法やトラブルシューティングなどを丁寧に解説することで、ユーザーが製品を快適に使いこなせるようサポートできます。またこれらの動画は、初めて製品を購入したユーザーはもちろん、既存ユーザーの製品活用を促進することにも効果的です。使い方が分かりやすく説明されていれば、ユーザーは製品の機能や特徴を十分に活用できるようになり、製品への満足度が高まります。

このように、映像制作は目的に応じて様々な種類があります。近年では、企業のマーケティングツールとしてWEB CMの需要が高まっています。

テレビCMとWEB CMの違いは?WEB CMの特徴と効果は?

テレビCMとWEB CMの違いは

テレビCMとWEB CMの違い

ターゲティング精度

WEB CMは視聴者の属性や興味関心、検索履歴などに基づいて広告配信ができるため、テレビCMよりも細かいターゲティングが可能です。

動画の内容

WEB CMはテレビCMに比べて制作のハードルが低く、内容の自由度が高いのが特徴です。

視聴メディア

WEB CMはスマートフォンやPCなど様々な端末で視聴できますが、テレビCMは専らテレビ視聴に限定されます。

動画の尺

WEB CMは視聴者の関心に応じて短い尺が求められる傾向にあり、5秒程度が一般的です。一方でテレビCMはテレビ番組の合間に15~30秒程度で流れる、比較的長めの尺が多いです。

WEB CMの特徴と効果

認知向上効果

クリック動画広告により、視聴者の関心を引きつけ、ブランド認知を高められます。

興味関心喚起効果

動画の特性を生かした分かりやすい情報提供で、商品・サービスへの興味を喚起できます。

行動喚起効果

再生の際に表示されるリンクボタンを設置し、ウェブサイトへの送客が可能です。

ターゲティング効果

細かい属性指定が可能なため、狙った層へのアプローチが期待できます。

このようにWEB CMには認知・興味喚起・行動喚起の一連のマーケティング効果が期待できるのが大きな特徴です。

WEB CMの種類と活用方法

WEB CMには、配信フォーマットや活用シーンに応じて様々な種類があります。主な種類としては以下のようなものがあげられます。

インストリーム広告

動画コンテンツの再生中に表示されるビデオ形式の広告です。動画の冒頭や途中、あるいは動画の最後に挿入されることで、視聴者の注目を集めることができます。インストリーム広告は、視聴者の興味関心に合わせてターゲティングが可能なため、ブランドイメージの向上や製品の訴求力向上に効果的な訴求が期待できます。また、動画視聴中の自然な流れの中で広告が表示されるため、視聴者の広告回避意識が低く、高い注目度が得られるのが特徴です。

インバナー広告

ウェブページ上に表示される静止画や動画の広告形式です。インバナー広告は、ウェブページのコンテンツと並行して掲載されるため、視聴者の目に留まりやすく、認知向上や興味関心の喚起に効果的です。また、ターゲティング機能を活用すれば、ユーザーの行動履歴や属性に応じて最適な広告を表示できるため、購買行動の促進にも活用できます。さらに、インバナー広告はリンク設定が可能で、ウェブサイトへのトラフィック誘導や、商品購入への導線にもなります。

インリード広告

動画コンテンツの中に自然に埋め込まれる広告形式です。視聴者の動画視聴中に広告が表示されるため、ユーザーの注意を効果的に引き付けることができます。インリード広告は、動画コンテンツとの一体感があるため、ブランドメッセージの訴求力が高く、購買行動の喚起にも効果的です。また、視聴行動データの収集が可能なため、ターゲティングやパーソナライゼーションの精度を高めることができます。インリード広告は、動画広告の中でも特に注目されている形態の一つといえるでしょう。

インフィード広告

ユーザーのタイムラインや検索結果に自然に組み込まれる広告形式です。ユーザーの興味関心に合致したコンテンツとして表示されるため、ユーザーの注意を惹きつけやすく、高い認知効果が期待できます。また、ターゲティング機能を活用することで、より適切な広告配信が可能となり、ユーザーの購買行動の促進にもつながります。インフィード広告は動画広告だけでなく、静止画や記事広告の形態でも活用されており、様々なマーケティング目的に合わせた活用が可能です。

オーバーレイ広告

動画再生中にウィンドウ上部に表示される広告形式です。動画再生を妨げず、視聴者の注意を惹きつけることができる利点があります。ユーザーの視線を適切に誘導することで、ブランドメッセージの訴求力を高めたり、商品購買の促進にもつなげることができます。また、オーバーレイ広告は、動画視聴行動のデータ収集が可能なため、ターゲティングの精度向上にも寄与します。このように、オーバーレイ広告は動画広告の中でも効果的な手段の一つと言えるでしょう。

これらのWEB CMは、認知拡大やブランディングだけでなく、商品説明の補足や購買促進などマーケティングの様々な局面で活用されています。例えば、YouTubeやInstagramでインフィードCMを流すことで、ユーザーの興味関心に合わせた効果的なリーチが期待できます。

YouTube動画の活用方法

YouTube動画は、WEBプロモーションにおいて大変効果的な手段です。コンテンツの自由度が高く、企業の魅力や製品の特徴を分かりやすく伝えられます。例えば、以下のようなWEB CMの制作が考えられます。

  • 製品の特徴や使い方を説明する動画
  • 企業の取り組みやサービスを紹介する動画
  • お客様の声や体験談を共有する動画

また、動画はSNSでも拡散されやすく、ウェブサイトへの誘導にも役立ちます。YouTube広告を活用すれば、ターゲットに合わせた出稿も可能です。視聴者の興味関心に応じた動画配信で、リーチの最大化を図れます。動画のフォーマットや尺、予算に合わせて、最適な配信プランを立案できるのがYouTubeの強みです。

WEB CM・YouTube広告の制作依頼は株式会社パナ・エンタープライズへ!

企画から撮影・編集・MAまで全てをワンストップで制作している株式会社パナ・エンタープライズが、“ローコストでも、訴求力の高いWEB CM制作”を叶えます。

WEB CM・YouTube広告はもちろんのこと、テレビ・ラジオ・SNS・デジタルサイネージなど、媒体特性を考えた動画CMプランをご提案します。ご相談・お見積りのご依頼は、お問い合わせフォームからご連絡ください。

名古屋で映像制作会にCM映像制作の依頼なら株式会社パナ・エンタープライズ

会社名 株式会社パナ・エンタープライズ
住所 本社・3WAYスタジオ
〒461-0005 名古屋市東区東桜2丁目10番10号 東桜ビル5F
TEL 052-979-5541
FAX 052-935-0811
URL https://www.pana.co.jp/